Top >> 「高齢妊娠・高齢出産」最新ニュース

「高齢妊娠・高齢出産」最新ニュースの記事一覧

高齢妊娠・高齢出産に関することから不妊症・不育症・不妊治療など
妊娠・出産に関連する記事を集めています。
いろいろ参考になる記事があると思いますので右上の「検索窓」から
関心のあるキーワードを検索してみて下さい。

静岡県、不妊治療増加で妊娠の知識を若い女性に啓発 

静岡県は、 不妊治療費助成の件数が年々増えていることなどを受け 妊娠・出産に関する啓発活動を 若い世代の女性に向けスタートさせる。 10代後半〜20代前半の女性に出産の 適齢期などを理解

あいこ女性クリニック(愛知県名古屋市)

今年5月に愛知県名古屋市に、 不妊治療及び婦人科専門のクリニックとして 「あいこ女性クリニック」が開設されました 女性医師による女性のためのクリニックです。 不妊治療を受けたことのない人に

「不育症」電話相談 名古屋市大学病院に開設

名古屋市は、名古屋市立大学病院内に、 妊娠しても出産できず、流産や死産を繰り返す 「不育症」に悩む女性のため、 専用電話相談窓口「豆柴(しば)ダイヤル」を開設しました。 政令指定市の中で、

AMH・不妊症セミナー「浅田レディースクリニック」名古屋市

名古屋市の「浅田レディースクリニック」さんが、 不妊症に関するセミナーを開催されます。 (6/19,7/17,8/21,9/18) 不妊治療を考えている方、不妊症について勉強されたい方は、

不育治療助成事業開始(岡山県井原市)

岡山県井原市で 不育治療費助成事業が開始されました。 助成内容は厚遇で1回当たり30万円の上限で 一人につき3回まで助成可能です。 不妊治療は国の助成制度がありますが 不育治療費

不妊治療費助成事業が開始(栃木県塩谷町)

栃木県塩谷町で不妊治療 (不妊治療に係る保険診療適用外の検査費及び診療費)を 受けている夫婦の経済的負担の軽減と 少子化対策の推進を図るものとして 「不妊治療費助成事業 」が開始されました

被曝で出産は3年後・・・不妊治療の7割

東京電力福島第一原子力発電所周辺の 福島県浜通り地方で不妊治療をしている女性に アンケートをおこない 不妊治療をしている女性の7割近くが 妊娠・出産できるのは「3年以上後」と答えたようです

不妊治療は嫌?

大阪市中央区に本社を構える、 コニー(女性向けフィットネス用品販売)の調査で 既婚女性で出産を希望する女性の約50%が 不妊について少なからず不安に思いながら 不妊治療などの具体策を取って

31歳のジョリン・ツァイ「高齢出産はいや」

台湾出身の人気歌手ジョリン・ツァイさんが 中国上海で7月開催予定にしている コンサートのPRを行ないました。 7月14日に行われるワールドツアー上海公演の キャンペーンで登場したジョン

不妊治療のリスク 障害児出産の確率が上がる

不妊治療のリスクといえば、 薬による副作用を最初に思い浮かべると思います。 高額な治療費もリスクといえば、リスクに入るかもしれません。 治療費でいうと、妊娠までの平均治療費は140万円です。

不妊治療費助成制度(愛知県豊川市)

愛知県豊川市からのお知らせです。 愛知県豊川市では、一般不妊治療に要した自己負担額の2分の1以内の額で、 1年度あたり5万円を上限とします。 ただし、複数年度にまたがり治療をしている場合にあ

特定不妊治療費助成制度(秋田県八郎潟町)

秋田県八郎潟町からの不妊治療費への助成に関するお知らせです。 八郎潟町では今年度より八郎潟町不妊治療費助成事業として、 不妊治療を受けているご夫婦へ治療費用の一部助成をしています。

不育治療助成事業の開始(大阪府高槻市)

大阪府高槻市が、大阪府内の自治体で初となる「治療費助成事業」を開始。 大阪府高槻市は4月から、妊娠するものの流産や死産を繰り返す 不育症患者の経済的負担を軽減しようと、同症の治療費助成事業

特定不妊治療費助成制度(愛媛県松山市)

愛媛県松山市の不妊治療費助成制度に付いてのお知らせです。 松山市のお住まいの方は、一読いただき活用して下さい。 不妊に悩む方への特定治療支援事業 不妊治療のうち、特定不妊治療(体外受精及び顕

特定不妊治療助成事業のお知らせ(秋田県八峰町)

秋田県八峰町から特定不妊治療費助成制度についてのお知らせです。 特定不妊治療費助成事業について 秋田県八峰町では、特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)を 受けられたご夫婦に対し、治療費の助成

特定不妊治療費助成制度のお知らせ(千葉市)

千葉市から特例不妊治療費助成制度のお知らせです。 対象となる助成金額 <対象者> 以下の要件をすべて満たしている方 1:法律上の婚姻をしているご夫婦で、特定不妊治療以外の治療法では、  妊

不育症の助成制度開始(三重県鳥羽市)

三重県鳥羽市では、年4月1日より 不育症治療費の助成が開始されました。 対象者は、下記の全てを満たす人になります。 ・法律上の夫婦 ・申請時と治療中に鳥羽市に住民票がある ・生殖医療専門

不育症治療の助成(大分県竹田市)

大分県では初めてとなる不育症治療の助成を 竹田市は始めています。 大分県竹田市では ・5歳児健診とこれに続くフォロー体制の充実 ・市立こども診療所の体制整備 ・フッ素塗布助成事業を開

不妊治療助成制度を開始(千葉県松戸市)

平成24年4月1日より千葉県松戸市が 特定不妊治療(体外受精・顕微授精)について 不妊治療の助成制度を始めています。 ※以下、松戸市ホームペ

高齢出産に上限は必要か?

AFPBB Newsによると ブラジルで61歳の女性が妊娠したことを受け、 高齢出産の上限年齢をめぐる論争が繰り広げられている。 この女性は閉経を迎えていたが男性(38歳)と結婚。 夫


Page: <<前の20件  1 < 2 < 3 < 4 < 5 < 6 < 7


ゆうこのプロフィール

高齢出産(ゆうこ)

ブログを運営しています、ゆうこです。
(ゆうこの自己紹介はこちら
不妊症・高齢出産に悩む女性に、自らの経験を交え「本当に大切なことは何か」を伝えたいと思います。
サイト内検索
 ※当サイト内の記事を一瞬で検索
女性必見!今週注目のヤフオク!