Top >> 「高齢妊娠・高齢出産」考え >>  ダウン症

ダウン症

ダウン症の正式名称は『ダウン症候群』といい
最初に発見したイギリス人医師のジョン・ラングドン・ダウンさんの
名前が由来となっています。

ダウン症は染色体の突然変異によって起こり、
21番目の染色体が1本多いので「21トリソミー」と呼ばれることもあります。

染色体の突然変異は誰でも起こる可能性はあり、
ダウン症の赤ちゃんは母親の胎内環境がよくないと流産しやすいので
産まれてきた赤ちゃんは強い生命力をもっています。

ダウン症の特性としては、筋肉の緊張度が低く
知的な発達に遅れがあることが多くみられます。

全体的にゆっくり発達しますが、発達の過程は普通の子と変わりありません。
心疾患などの病気を患うこともありますが、
現代社会においては医療・療育の発達で、ダウン症の人のほとんどが
普通の学校生活や社会生活を送れるようになっています。

体内細胞の中には『染色体』が46本あり
たまたま47本で産まれてきたのがダウン症の人です。

偶発的に起こり、誰にでも可能性はあります。
性別、人種は関係なく、世界中どこの国にも
0.1%の確率で産まれてきます。

ただ、アメリカの統計によると年齢を重ねるに連れて
高い確率でダウン症を持った子が生まれるとされている。

羊水検査によって診断することはできるが、流産する可能性もあり
高齢妊娠の方や胎児が重大に疾患がある場合の妊娠において、
医師と充分に話し合い検査することができる。
医師から接触的に検査を推奨することは無い。

自分でできる不妊治療の体験ブログはこちら

 ブログでは書けない不妊治療の実態をメルマガで配信中!
☆【元気な子便り】の登録はこちらから☆

メールアドレス(必須)
ニックネーム(必須)

コメントする

お気軽にコメントして下さい☆

「高齢妊娠・高齢出産」考え

関連エントリー

石田東尾ダウン症告白に見る、高齢出産賛美の裏で中絶激増
不妊症の原因 年齢因子
女性は何歳まで妊娠・出産可能なの?
高齢妊娠・出産に気をつけること
ダウン症
不安を解消する 高齢者の不妊治療(妊娠・出産まで)
安心して高齢妊娠・出産するためには!?


ゆうこのプロフィール

高齢出産(ゆうこ)

ブログを運営しています、ゆうこです。
(ゆうこの自己紹介はこちら
不妊症・高齢出産に悩む女性に、自らの経験を交え「本当に大切なことは何か」を伝えたいと思います。
最近のコメント
サイト内検索
 ※当サイト内の記事を一瞬で検索
女性必見!今週注目のヤフオク!