Top >> 「高齢妊娠・高齢出産」基礎知識 >>  妊娠の基礎知識「排卵」

妊娠の基礎知識「排卵」

生まれながらにして女性の卵巣には
およそ75万個の原始卵胞があるといわれています。
 

卵胞は思春期で減少して、成熟期を迎えると
月経周期に1個ずつ卵胞から卵子が飛び出します。

これが排卵で、卵子として放出される数は
生涯400個前後と言われています。

排卵には、体から分泌される様々なホルモンが関り
これらのホルモンは、お互いに連携して
排卵をサポートしてくれます。

排卵に必要なホルモンは
ゴナドトロピン放出ホルモン」で
このホルモンが下垂体を刺激すると
卵胞刺激ホルモン」が分泌されます。

この「卵胞刺激ホルモン」が全身に送られ
卵巣にまで届き、卵巣が刺激を受けて
原始卵胞が成熟をはじめ、成熟胞になり
卵胞ホルモン」が分泌されます。

月経のある卵胞期に卵胞ホルモンは増え
血液によって子宮へと運ばれていきます。
そして、卵胞ホルモンは子宮の内幕を厚くし
着床のための準備を始めます。

それと同じく、排卵を促進する
黄体化ホルモン」が多量に分泌され
卵巣の中で成熟していた卵胞のを刺激し
壁が破れ、卵子が飛び出します。

この現象が「排卵」です。

排卵が終わると、
子宮内膜を「黄体ホルモン」がさらに厚くし、
受精卵が着床しやすい子宮環境を作り上げます。

自宅での不妊治療の体験レポートはこちら

 ブログでは書けない不妊治療の実態をメルマガで配信中!
☆【元気な子便り】の登録はこちらから☆

メールアドレス(必須)
ニックネーム(必須)

コメントする

お気軽にコメントして下さい☆

「高齢妊娠・高齢出産」基礎知識

関連エントリー

妊娠の基礎知識「着床」
妊娠の基礎知識「受精」
妊娠の基礎知識「精子」
妊娠の基礎知識「排卵」


ゆうこのプロフィール

高齢出産(ゆうこ)

ブログを運営しています、ゆうこです。
(ゆうこの自己紹介はこちら
不妊症・高齢出産に悩む女性に、自らの経験を交え「本当に大切なことは何か」を伝えたいと思います。
最近のコメント
サイト内検索
 ※当サイト内の記事を一瞬で検索
女性必見!今週注目のヤフオク!