Top >> 不妊治療 >>  不妊治療「クラミジア感染症の検査」

不妊治療「クラミジア感染症の検査」

クラミジア感染症は日本において
100万人以上が感染していると言われています。

特に女性の方は症状が出にくく将来不妊の原因となるので
早めに検査していたほうがいいと思います。

10代後半から20代前半でクラミジアを感染するケースが最も多く
高校生や大学生の間で避妊の重要性が指摘されています。

クラミジア感染症になりながら治療しないでいると、
クラミジアが体内の奥に進行し
男性では前立腺炎や肝炎・腎炎になるおそれがあり
女性の場合は子宮で炎症を起こし、
子宮外妊娠などの不妊の原因になり
妊娠したとしても流産や早産の危険性もあります。

「クラミジア感染症の症状」

クラミジア感染症は感染後数週間で発症しますが、症状が出ない場合もあります。

特に女性は20%の人しか症状が出ないため
不妊検査などで初めてクラミジアに感染したいたと分かる場合が多いです。

症状は男性は、尿道から透明な膿がでて、痛みをともなう場合もあります。

女性はおりものが増えるのが一般的な症状ですが、
自覚症状ではわからない場合もあります。

クラミジア感染症はオーラルセックスでも感染し、
最近は喉がクラミジアに感染することもあります。

「クラミジア検査」

クラミジアの検査自体は簡単で、
最もポピュラーなのは採尿で調べることができます。
それ以外にも体液を摂取して検査する方法もあります。

病院へ行くのが困難な人や、クラミジア検査に対抗感のある人のために
最近では性病チェッカーを使い、自宅にいながら検査する方法が人気となっています。
料金も病院で検査するよりも安い価格で検査できることも
人気になっている要因といえると思います。

クラミジアは不妊の原因となりますので
心配な人は早めに検査するほうがいいでしょう。

【不妊治療で障害児が産まれるリスクアップ】
 不妊治療で産まれてきた新生児は
 自然妊娠と比べて障害児率がアップするリスクがあります。

 不妊治療のリスクを知りたい方はこちらをご覧ください。
 ブログでは書けない不妊治療の実態をメルマガで配信中!
☆【元気な子便り】の登録はこちらから☆

メールアドレス(必須)
ニックネーム(必須)

コメントする

お気軽にコメントして下さい☆

不妊治療

関連エントリー

不妊治療「クラミジア感染症の検査」
不妊治療「精液検査」
不妊治療「子卵管造影検査」
不妊治療「ホルモン採血検査」
不妊治療「超音波検査」
不妊症の原因 年齢因子
被曝で出産は3年後・・・不妊治療の7割
不妊治療 【男性不妊】「Micro-TESE」
不妊治療【漢方】 不妊症の高齢者必読
不妊治療【保険適用外】 「不妊症の高齢者必見」
不妊治療【クエロフェミン・HMG-HCG】「不妊症の高齢者必見」
不妊治療【タイミング療法】 「不妊症の高齢者必見」
不安を解消する 高齢者の不妊治療(妊娠・出産まで)


ゆうこのプロフィール

高齢出産(ゆうこ)

ブログを運営しています、ゆうこです。
(ゆうこの自己紹介はこちら
不妊症・高齢出産に悩む女性に、自らの経験を交え「本当に大切なことは何か」を伝えたいと思います。
最近のコメント
サイト内検索
 ※当サイト内の記事を一瞬で検索
女性必見!今週注目のヤフオク!