Top >> 不妊治療 >>  不妊治療「ホルモン採血検査」

不妊治療「ホルモン採血検査」

女性の体は多くのホルモンが分泌されますが
そのホルモンの分泌に異常があると
排卵異常を起こす原因になり不妊に繋がります。

ホルモン採血検査の時期は、生理中、生理直後か黄体期になります。
通所の血液検査と同じように、血液を採取し
ホルモンの分泌量を調べます。

下垂体から分泌される卵胞刺激ホルモン(FSH)
黄体化ホルモン(LH)の測定は重要です。
この二つのホルモンを調べることにより
卵巣の働きを知ることができます。

この他にも、黄体ホルモン(プロゲステロン)や卵胞ホルモン(エストロゲン)
乳汁分泌ホルモン(プロラクチン)なのど数値も測定します。

  • 慢性の無排卵で黄体化ホルモン(LH)が高いと、
    多嚢胞性卵巣 (PCO) という状態が疑われます。
  • 慢性の無排卵で卵胞刺激ホルモン(FSH)が高いと、
    早発閉経 (POF) という状態が疑われます。
  • 慢性の無排卵で 黄体化ホルモン(LH)卵胞刺激ホルモン(FSH) が低いと、
    体重減少性無排卵が疑われます。
  • 乳汁分泌ホルモン(プロラクチン)が高いと、
    排卵障害や黄体不全が生じることがあります。

自宅でしている不妊症改善の様子はこちら

 

 ブログでは書けない不妊治療の実態をメルマガで配信中!
☆【元気な子便り】の登録はこちらから☆

メールアドレス(必須)
ニックネーム(必須)

コメントする

お気軽にコメントして下さい☆

不妊治療

関連エントリー

不妊治療「クラミジア感染症の検査」
不妊治療「精液検査」
不妊治療「子卵管造影検査」
不妊治療「ホルモン採血検査」
不妊治療「超音波検査」
不妊症の原因 年齢因子
被曝で出産は3年後・・・不妊治療の7割
不妊治療 【男性不妊】「Micro-TESE」
不妊治療【漢方】 不妊症の高齢者必読
不妊治療【保険適用外】 「不妊症の高齢者必見」
不妊治療【クエロフェミン・HMG-HCG】「不妊症の高齢者必見」
不妊治療【タイミング療法】 「不妊症の高齢者必見」
不安を解消する 高齢者の不妊治療(妊娠・出産まで)


ゆうこのプロフィール

高齢出産(ゆうこ)

ブログを運営しています、ゆうこです。
(ゆうこの自己紹介はこちら
不妊症・高齢出産に悩む女性に、自らの経験を交え「本当に大切なことは何か」を伝えたいと思います。
最近のコメント
サイト内検索
 ※当サイト内の記事を一瞬で検索
女性必見!今週注目のヤフオク!