Top >> 不妊治療 >>  不妊治療「子卵管造影検査」

不妊治療「子卵管造影検査」

子宮卵管造影検査は造影剤を子宮や卵管に注入して
レントゲンで投影し、子宮や卵管の様子を調べます。

造影剤を注入した直後とある程度時間をおいてからの二回ほど撮影します。
時間をおく理由としては、造影剤が広がることで
卵管のつまり部分をハッキリ見ることができるからです。

この検査では、卵管が通っているかどうか、子宮に奇形などの
異常がないかを確実に調べることができます。

この検査は月経が終わってからなるべく早く、排卵が起こる前に受けます。
少し痛みを感じることもあるので軽い麻酔をするケースもあります。

子宮卵管造影は腹腔鏡や子宮鏡と併用することにより
より正しい診断結果が得られます。

自宅でしている不妊症改善の様子はこちら

 ブログでは書けない不妊治療の実態をメルマガで配信中!
☆【元気な子便り】の登録はこちらから☆

メールアドレス(必須)
ニックネーム(必須)

コメントする

お気軽にコメントして下さい☆

不妊治療

関連エントリー

不妊治療「クラミジア感染症の検査」
不妊治療「精液検査」
不妊治療「子卵管造影検査」
不妊治療「ホルモン採血検査」
不妊治療「超音波検査」
不妊症の原因 年齢因子
被曝で出産は3年後・・・不妊治療の7割
不妊治療 【男性不妊】「Micro-TESE」
不妊治療【漢方】 不妊症の高齢者必読
不妊治療【保険適用外】 「不妊症の高齢者必見」
不妊治療【クエロフェミン・HMG-HCG】「不妊症の高齢者必見」
不妊治療【タイミング療法】 「不妊症の高齢者必見」
不安を解消する 高齢者の不妊治療(妊娠・出産まで)


ゆうこのプロフィール

高齢出産(ゆうこ)

ブログを運営しています、ゆうこです。
(ゆうこの自己紹介はこちら
不妊症・高齢出産に悩む女性に、自らの経験を交え「本当に大切なことは何か」を伝えたいと思います。
最近のコメント
サイト内検索
 ※当サイト内の記事を一瞬で検索
女性必見!今週注目のヤフオク!