Top >> 不妊治療 >>  不妊治療【クエロフェミン・HMG-HCG】「不妊症の高齢者必見」

不妊治療【クエロフェミン・HMG-HCG】「不妊症の高齢者必見」

不妊治療に使われる「クロフェミン」と
「HMG-HGG」について書きたいと思います。

【クロミフェン療法】

対象・・・月経不順の方、時々排卵のない方


このように、卵巣を刺激する性腺刺激ホルモンの分泌が

充分でない場合はクロミフェン療法という方法が有効です。


卵巣から卵胞ホルモンが

ある程度分泌されていることが条件となり、

月経周期の5日目から5日間毎日1〜3錠内服すると、

約2週間後に排卵が起こります。


【HMG-HCG療法(注射の排卵誘発剤)】

クロフェミン療法で排卵に至らない場合には、

HMG−HCG療法を行います。


まず、卵巣を刺激するHMGという

ホルモン剤を1〜2週間投与すると、

卵巣に多数の卵胞が成長します。


卵胞が充分に成長したと確認できた日に

HCGという卵胞を破裂させる作用を持つ

ホルモン剤を投与する方法です。


・HMGを消退出血(あるいは月経周期)の
 5日目から7〜14日間投与すると卵胞が成熟します。

・卵胞直径が18〜20mmに達した時に、
 HCG5,000〜1,000単位を投与すると排卵します。

 通常数個の排卵がみられ、
 血中エストラジオールは正常の数倍レベル
 (1,000〜3,000pg/ml)に達します。


副作用
HMG−HCG療法による排卵誘発に伴い
多胎妊娠とともに卵巣過剰刺激症候群
(OHSS:卵巣腫大、腹水、ときに胸水)が
起きることがあります。

症状が重くなると血液循環動態にも影響が出て、
血栓症や呼吸障害を起こすことがあります。

症状が出たらすぐに医師に相談し
有効な治療を受けましょう。

 ブログでは書けない不妊治療の実態をメルマガで配信中!
☆【元気な子便り】の登録はこちらから☆

メールアドレス(必須)
ニックネーム(必須)

不妊治療

関連エントリー

不妊治療「クラミジア感染症の検査」
不妊治療「精液検査」
不妊治療「子卵管造影検査」
不妊治療「ホルモン採血検査」
不妊治療「超音波検査」
不妊症の原因 年齢因子
被曝で出産は3年後・・・不妊治療の7割
不妊治療 【男性不妊】「Micro-TESE」
不妊治療【漢方】 不妊症の高齢者必読
不妊治療【保険適用外】 「不妊症の高齢者必見」
不妊治療【クエロフェミン・HMG-HCG】「不妊症の高齢者必見」
不妊治療【タイミング療法】 「不妊症の高齢者必見」
不安を解消する 高齢者の不妊治療(妊娠・出産まで)


ゆうこのプロフィール

高齢出産(ゆうこ)

ブログを運営しています、ゆうこです。
(ゆうこの自己紹介はこちら
不妊症・高齢出産に悩む女性に、自らの経験を交え「本当に大切なことは何か」を伝えたいと思います。
最近のコメント
サイト内検索
 ※当サイト内の記事を一瞬で検索
女性必見!今週注目のヤフオク!